TEL 03-6906-6811
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日
12:00~16:00 訪問診療
  日祝
8:30~12:00
16:00~19:00

健康診断

検診(健診)について

検診(健診)

病気にはならないほうがいいにきまっています。
病気になってしまうから辛い思いをするのです。心ならずも家族を悲しませたり、負担をかけたりすることになるのです。
では「病気にならないためにはどうしたらいいか」
また、「もしなってしまった時はどのようにすればいいのか」
そんな話をしていきたいと思います。

例えば「癌」

「癌」は治る時代になってきていますが、それでも日本人の死因の不動の1位は「癌」です。
統計学的には3人に1人が「癌」で亡くなっています。
治療が奏効して治癒した人も含めれば2人に1人以上の割合で「癌」に罹患していると考えられます。
もう「癌」には「みんながなるもの」と想定して準備をしていた方がいいかもしれません。

そこで大切なことは、やはり早期発見、早期治療ということになります。
「癌」は「早期癌」といわれる期間が数年あります。
この時期の「癌」であれば現代の医学をもってすればたいがいのものはなんとかなります。
「胃癌」に関して言えば治癒率は98%くらいになります。
早くみつけて取ってしまえばイボ・タコの類と何ら変わりません。
ちょっと摘まんで取ってしまえばおしまいなのです。
全身麻酔をかけて開腹手術なんかしなくても、内視鏡でとれてしまうものもたくさんあります。
手遅れにしてしまうから大変なことになってしまうのです。
それだけは忘れないで下さい。

では「どうしたらよいか」

早期癌は症状がまったくないことも多いのでやはり年に1回は「がん検診」をうけることです。
一度勇気を出して受けておけば次の年からは安心して受けることができます。
万が一「癌」が見つかったとしても発病1年以内の早期発見であり、治癒が期待できるからです。

当院でも各種健診を行っております。
お気軽にご相談下さい。

雇入時健診および定期健診の主な診断内容

当院では、区民健診(6月~10月)をはじめ、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などの企業健診のほか、適宜「自費健診」も受け付けています。

雇入時健診

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検
定期健診

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診について

健康診断を目的として検査を受ける場合(何かしらの症状が無い時)は、健康保険は適用されませんので「自費」(※ただし、検査項目は自分で選択することは可能)となります。

なお、自費健診の結果、何らかの病気が発見された場合には、以後、その病気の診療には健康保険が適用されます。

定期健康診断費用(料金)

一般定期健診では4種類、生活習慣病健診では1種類の料金設定をご用意しております。
(1)~(5)の一般定期健診は簡易となります。

コース種類 一般定期健診 生活
習慣病
A
(1)~(5)
¥4,200
 
B
(1)~(6)
¥4,800
(法定)
C
(1)~(7)
¥8,000
 
D
(1)~(8)
¥9,600
(法定)
E
(1)~(10)
¥13,400
 
(1)身体計(身長・体重BMI・視力・腹囲)
(2)血圧測定
(3)尿検査(糖・蛋白・ウロビノーゲン・潜血反応)
(4)胸部レントゲン<直接撮影>
(5)診察(内科診察)
(6)聴力検査(オージオメーター)
(7)血液検査(WBC・RBC・ Hb・Ht・Plt・AST(GOT)γ-GTP・LDLコレステロール・HDLコレステロール・トリグリセライド・空腹時血糖)
*雇用時および35歳、40歳以上の方は必須
(8)心電図検査
*雇用時および35歳、40歳以上の方は必須
(9)血液検査(尿酸・尿酸窒素・クレアチン・HbA1c)
(10)便検査(便潜血)2回
診療科目
内科
院長名
大久保 陸洋
住所
〒174-0071 
東京都板橋区常盤台4-10-5
電話番号
03-6906-6811
診療時間
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日
12:00~16:00 訪問診療
  日祝
8:30~12:00
16:00~19:00